2017年4月から朝日新聞デジタル版・アピタルで

「認知症と生きるには」というコラムを執筆中です。

http://www.asahi.com/apital/column/ninchisyou/

​朝日新聞(デジタル版)お知らせ

ブログ
Blogs

05/29/2017

 日々の診療の中でボクは常に「今を生きるひと」と出合います。認知症という病気が完治することがなく、しかも長年にわたってその病気と付き合いながら人生を送ることが大切であるからこそ、ボクの目の前に座る人々は、「今、ここ」での命の輝きを大切にして、明日に希望をつなぎたいと願っています。

 

 自分の人生を振り返った時に、挫折の多...

05/19/2017

 患者さんとボクとの関係は、当然ながら「人と人との関係」です。言い換えれば出会いと別れがあります。これはいかなる医療機関とも、そして社会生活をする人であればだれにでも当てはまることでしょう。でも、認知症の場合にはちょっと異なる点があるかもしれません。一般的なケガ、例えば骨折をした場合などは、医療機関と出合って受診し、そ...

05/09/2017

 今でもボクのカルテは手書きです。これだけコンピュータが発達して、さすがに診療の保険請求まで手書きでしているわけではなりませんので、そちらは電子請求ですが、診察してカルテの記載は今でも手書きです。論文や原稿を書く機会も多く、すでにパソコンを使って文章を書き始めて20年たちましたので、カルテも…、と思うのですが、ボクはブ...

Please reload

アーカイブ
Please reload