新しい試み(6)臨床研究・別れのメッセージ

今朝、診療所にある3段ほどの階段でズッコケました。蹴つまづいたという方が適切かも。誰にもあることなのかもしれませんが、自分の中では「こんなところでつまづいて倒れることなどなかったのに、歳をとったのかな」という思いです。そんなことを考えると若かった時とは少し異なり、5月25~26日に国立京都会館で開かれる第20回日本認知症ケア学会の一般演題に応募し、発表させてもらえるのはボクにとって、「新しい一歩、ふたたび」って感じで、良かったな~、と思います。一般演題の発表は26日(日)の午後、久しぶりに萌え(燃えではなく)ます! 学会ができて20年、若かったみんなもそれなりに歳をとり、認知症という病気に対する社会の理解は少しずつではあっても進んできた感じがします。国も70歳以上の認知症を6年間で6%減らすという数値目標を掲げて、国を挙げて予防や共生を進めてくれるようですね。ボクは精神科医として「ふたたび」これまで35歳ごろから取り続けてきた臨床での研究データを日々、とることにしました。データと言っても外来診療、それも妻の介護者として早々と診療を切り上げてしまう医者に、そのような臨床面での研究ができるのかどうか、ちょっと心配していたのですが、歳を感じる分だけ、研究は続けましょうね。この夏で父を突然見送ってから28年が経過します。その時からあわただしく臨床をはじめ、それによって得られた(患者さんの人権や個人情報を守りながら)情報を、まとめ始める時期なのでしょう。 この春から初夏にかけてたくさんの、それも長年にわたって来院してくださった患者さんとの別れがありました。前にも書いたとおもいますが、うち

新しい試み(5)少し新しい挑戦を

新しい元号になって5日目、京都は夏のようです。今日は診療所には行きましたがカルテを見てチェックするだけの「オフ」の日です~。 ボクには15歳のころから続けている趣味があって、それは油絵を描くことです。1978年ごろから古来の油絵具ではなくて、アクリル絵の具を使うようになりました。かつては油絵具に歯科技工に使う石膏を混ぜたりしたのですが、当時、油絵具は乾きが悪い上に「におい」がしてボクの部屋だけではなく、家じゅうが「油くっせ~」状態になっていました。 それを避けるため匂わないアクリルで描いています。正式な勉強をした経験はなく、こころが訴えてくるままに書いてきた作品が20点ほどになりました。「たった20点?」と思うでしょうが、実は一つの作品を書くのに20年ほど時間がかかっていたりして、下手なうえに時間がかかります。 ホームページの職員写真の背景に移っている「赤いタコ坊主」のような大きな絵だけは1週間で描き上げました。あの時は忘れもしない休学の時でしたから。病気がわかる直前にバリ島に家族で出かけ、かの地の文化に触れて一気に描き上げたのですが、そこでエネルギーを使い果たしたのか、その後、腎炎を起こして休学になり、こうして今、医者になるきっかけになった大事件の時の作品です。 今回UPした絵も1994年から描き続け、今でも完成していません。どちらも「胎児?」と気づかれたでしょうか。ボクの絵のモチーフの大きなもののひとつが胎児なのです。新しい試みとしていつか個展でもできればいいなと思っています。 以前にも書いたように認知症(若年性も含めて)領域の医者をしていると、「治療をしている医者とは言え