ボクのこだわり(2)関与しながらの観察

西暦2000年、世間では「コンピュータが止まる」とか「新しい時代が来る」といった新世紀への不安や期待があったころ、新聞の小さな記事で「今度、日本認知症(当時は旧病名)ケア学会という学会ができる。介護職や看護、医師が連携していく学会である」という内容を読んで、「これだ!」と思い参加しました。会員番号88番、ボクのこころの支柱です。 何とか医者になった翌年に父が理事長であった医療法人を継いだあと、2つの決心をしていました。ひとつは、かつて自分が歯科医師の頃に認知症や寝たきりの人の口腔ケアをしようと思っていたにもかかわらず、当時は理解されず医学部に入りなおした思いがあったため、医者になった当初から介護が大切だと思い続けていたこと。その結果、1993年(平成5年)から老人デイケアを診療所に作り、ケアと共に医療を展開してきました。 今一つは糖尿病で急逝した父(歯科医)を失った内科医の母が、この先の人生の意味を持てるように新しい目標を定めること、それが老人デイケアでした。周囲の理解もないころのことです。「精神科医の息子が診療所を継いだと思うと、早速、高齢者が運動したり言葉の訓練をする場所を作って、何がしたいのだろう」と、かつての知人も思ったようでした。 でも、当時として新しい試みでしたので、いろいろなところから「ノウハウを知りたい」と言って見学に来てくれる人が後を絶たず、ずいぶんと忙しい思いをした懐かしく(楽しい)記憶があります。 そして介護h権が始まる2000年、介護保険でデイサービスができることで、ボクは「自分の使命を一つ介護に託した」と思いました。老人デイケアをやめ、その後は専門医に

ボクのこだわり(1)23年目の1月17日

もう23年にもなるのでしょうか、阪神淡路大震災から。その後も中越地震や台湾、そして東日本大震災や熊本地震、あれからも大変なことがたくさんありましたが、阪神はボクが精神科医になって初めて本格的に「社会的使命」を感じた時でもありました。 あの朝、いつもなら5時に起きて京都の自宅から大阪の診療所まで1時間半かけて行くのですが、地震の余波が残るなか、京阪電車の丸太町駅に行きました。何度かの余震があって、大阪に着いたのは昼前だったと思います。当時は今の診療形態とは異なり、認知症の人の診療はメインでしたが、それ以外のメンタル領域の人達も受診しておられました。うつ病、統合失調症、不安障害など、少数でしたが。 テレビの画面を大学病院の医局で見ながら、「これは大変なことになった」と思いました。当時は急逝した父の跡を継いで診療所の理事長をしながら、大学病院にも何日か行くという勤務形態でしたので、早速、医局で「何かできないか」との提案をしてみましたが、大混乱の真っただ中です。大学として支援体制を始めるには、まだ時間がかかることがわかりました。 しかしボクは一方では開業医として診療もしています。当時、神戸、西宮や芦屋から数人の患者さんがうちの診療所まで来てくれていました。とっさに思ったのが統合失調症の何人かの患者さんたちの事でした。今とはことなり、病気がある程度進んでから受診してきた人も多く、毎日の服薬がきっちりとできていることが状態の安定には不可欠でした。しかし、テレビでは市民病院さえ倒壊しています。「大阪から行けないから、そちらの医療機関で薬を調達してくださいね」とは言えない状況でした。 地震から